八坂中日記

◆2018年10月30日(火曜日)

八坂の野生動物の実態を学んだ!やさかの時間(害獣対策グループ)

 総合的な学習の時間「やさかの時間」は、文化祭の発表が終わっても、まだまだ追究が進んでいます。農作物の害獣被害対策グループでは、農家さんから紹介していただいた長野県環境保全研究所の方を講師に招き、八坂地区の野生動物の生息域の把握や猿や鹿などの効果的な対策についてのお話をお聞きしました。

 猿は群れで行動しているため、群れごと追い払わなくてはいけないこと、群れを分散させてしまうと逆効果になること、鹿は夜行性で夜のうちに多くの農作物を食い荒らすこと、八坂は冬でも雪が比較的少ないため、多くの鹿が集まってくることなど、今まで知らなかった新たな事実や知識を学ぶことができました。

 さらに、八坂地区の動物の出没状況や被害状況を地図上にプロットしていくと良いと教えていただきました。

 今回学んだことを基に、八坂地区の実態を調査してまとめ、八坂の害獣被害の状況を発信していきたいと思います。