八坂中日記

◆2017年10月12日(木曜日)

地元の素材に学ぶ~イワナの授業~

 

もみじの葉を添えて、イワナの塩焼き完成!

 2年生は、昔、山留センターが使っていたいけすで、現在養殖されているイワナを使った学習を行いました。イワナの会の方に教えていただきながら、イワナの体のつくりを観察したり、内臓をとって塩焼きにして食べたりして、地域で育てられている素材を生かした学びができました。思いがけず、イワナの刺身をいただくこともできました。産地直送、直前まで生きていた新鮮なイワナだからこそできる素材の味を堪能することができました。改めて、私たちのすぐそばには様々な特産物があるのだと知ることができ、充実した学習ができました。

<生徒の日記より>

o今日は、イワナを食べました。とてもとてもおいしかったです。刺身は、川魚だから食べられないと思ったけど、食べてみるとコリコリした食感と凝縮されたうまみが絶妙なおいしさで、何度も食べてしまいましたが、あれは、本当においしかったです。つぼぬきもとても難しかったですが、きれいにスーッとぬけたときは、気持ちよかったです。塩焼きは本当においしく、骨まで丸ごといけました。新鮮な魚はいいですね。また、たべたいなぁー。

イワナの内臓をとる

イワナを焼く

イワナのお刺身調理中