校長室より

◆2016年4月19日(火曜日)

一学期始業式

6日(水)の一学期始業式、そして9名の新入生を迎えて八坂中学校の1年が始まりました。2週間が過ぎ、校庭の桜と共に学校も活気であふれています。

【一学期始業式の校長講話より】

年度の始まりに、もう一度「何のために学ぶのか」について考えたいと思います。これからの日本は、人口減少により大きく変化が予想される、ということは以前お話ししました。そんな大きな社会の変化を生き抜くためにはどんな力が必要なのかということを通して、「何のために学ぶか」ということについて考えたいと思います。大きな変化といっても、暗い大変な社会になるということではありませんので安心してください。私にはまだ学生の息子と娘がいますので、明るい社会への大きな変化だと私は信じています。ただ、これだけは言えるのは、知識や今までのやり方だけでは通用しないということです。そのときに困らないように、大きな社会の変化を生き抜くためにはどんな力が必要なのかを考える必要があるのです。ではどんな力が必要なのか。それは「考える力」です。「考える力」を身につけるために学ぶのです。じゃあ、どうやって学べば「考える力」が身につくのか5つのポイントをお話しします。1つ目は、『難しい問題でも諦めないで考え続けること』。2つ目は、『教科によって好き嫌いしないこと』。3つ目は、『劣等感を持たないこと』テストの点数は他の人と比べる物差しではなく、自分の進歩として使うということ。4つ目は、『自分の考えをもって、みんなで考え合うこと』考えることを他人任せにしてはいけません。5つ目は、『友だちの考えをしっかり聞くこと』友だちの考えと自分の考えを重ねることで、自分の考えが深まり、独りよがりの考えになることを防ぎます。八坂中学校では、本年度も「話し合い活動」を大切にしていきます。この話し合い活動を充実させることが、「考える力」を身につけることにつながるのです。今こそ、共に学びましょう! Just Do It!